フィトリフトホットクレンジングジェルの成分と温感効果

こちらがフィトリフトホットクレンジングジェルの全成分。

 

グリセリン、プロパンジオール、オリーブ果実油、メドウフォーム油、ジイソステアリン酸ポリグリセリル-10、ジ(カプリル酸/カプリン酸)プロパンジオール、(ベヘン酸/エイコサン二酸)ポリグリセリル-10、セスキカプリル酸ポリグリセリル-2、(ベヘン酸/エイコサン二酸)グリセリル、パントエアアグロメランス培養溶解質エキス、ハイブリッドローズ子房エキス、ダイズ種子エキス、カニナバラ果実油、ワサビノキ種子エキス、エナンチアクロランタ樹皮エキス、オレアノール酸、10-ヒドロキシデカン酸、セバシン酸、1.10-デカンジオール、イチョウ葉エキス、コメ胚芽油、オタネニンジン根エキス、ヒアルロン酸 Na、セラミド NP、セラミド NG、セラミド AP、ミツロウ、フィトスフィンゴシン、スクワラン、ステアリン酸、ベヘニルアルコール、水、トコフェロール、水酸化AI、カルボマー、乳酸、酸化チタン、ステアリン酸グリセル(SE)、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、ステアロイルラクチレート Na、シクロメチコン、BG、フェノキシエタノール

 

フィトリフトホットクレンジングジェルがなんで温かくなるの?というと一番左上に記載されているグリセリンによるものです。
ちなみに化粧品の成分表記は配合量が多い順に記載されています。
(配合量1%以下の場合は順不同でもOKだそうです)

 

つまり、フィトリフトホットクレンジングジェルの場合、
グリセリンが最も配合量が多いという事になります。

 

グリセリンには保湿の効果以外に大気中や肌の水分と混ざると
温感作用が出てくるという特徴があるので、
フィトリフトに限らず多くのホットクレンジングでグリセリンが使用されているわけです。

 

植物由来の成分で安全性も高いというのも人気の理由でしょう。

 

ホットクレンジングジェルを使う際に一つ注意しておきたいのは、
濡れた手や顔でジェルに触れない事。

 

顔に馴染む前にグリセリンが水と混じってしまい、
温感効果どころか肝心のメイク落としの効果が弱くなってしまうからです。

 

顔も手も乾燥した状態でホットクレンジングジェルを使うようにしましょう。

 

「お風呂場で使うとより温感作用を感じやすい」と言われるのは、
お風呂の湯気とグリセリンが混ざりやすいからと考えてよさそうですね。

 

もちろん、合成着色料、合成香料、鉱物油、石油系界面活性剤、エタノール、パラペン(防腐剤)、紫外線吸収剤、動物性原料を不使用と無添加へのこだわりもしっかりしています。

 

私が実際に使ってみた感想もありますので良ければ参考にしてみて下さい。
>>フィトリフトホットクレンジングジェルの体験談レポート